ノウハウ

【継続できない人必見】継続するコツを伝授

tobecontinue

おはこんこばんちゃ、ていとく(@teitokukorekawa)です!

 

現在、僕はあることを継続中です

 

それは「トイレ掃除」と「ブログ更新」で、この記事を書いてる今で

  • 「トイレ掃除」が101日目
  • 「ブログ更新」が35日目(この記事を入れて36日目)

 

その様子はTwitterにもあげています

 

なかなか継続できない方にとっては不思議というか、どうやったら続けられるんだろうと思うかもしれません

 

ですがなにかを継続している方の中には年単位の方もいて、僕より継続してる方はごまんといるので、まだまだ井の中の蛙

 

しかしあまりに継続日数が多い方がいうアドバイスはレベルが違って感じたり、すごすぎてピンとこない方もいるのかなと

 

僕の「トイレ掃除」は約3ヶ月、「ブログ更新」は1ヶ月ちょいなので、そこそこ継続している身からのアドバイスというか、ちょっとしたコツを紹介しようと思います

【継続できない人必見】継続するコツを伝授

keizoku-kotu

継続したいことをとにかく先にやろう

 

優先順位を上にする

なにか継続しようと決めて、とりかかるとします

 

その日はいいですが、次の日からどうしてますか?以下のようなことをしていたらそれはNGです

  • 他の用事を済ませて、余った時間で継続したいことにとりかかる
  • 今日は時間がないから、出来なくてもしょうがないと思う
  • 急な用事が入ってしまい、「明日でいいや」となる

 

僕の体感ですが、上記のような方は継続できない方が多いように感じます

 

そういう方がよく言うのは、「自分は意志が弱いから続かない

 

それはなんか違うなと思っていて、意志を強くもつ必要もそんなにないかなと感じます

 

他の用事よりも先にとりかかる

ようは優先順位を1位~5位までに設定してしまえばいいかと思います

 

僕が朝起きてからの優先順位を紹介すると以下のような感じ

  1. トイレ掃除
  2. 歯磨き
  3. 朝食
  4. ブログ執筆

 

朝起きてまずすることは「トイレ掃除」で、歯磨きと朝食を15分ほどで終わらせてから「ブログ執筆」にとりかかります

 

このように継続したいことの優先順位を上にしてしまえば、半ば強制的に継続できます

ただしNGがあり、それは以下のとおり

「あ~面倒くさいな」とか「何時間もかけてやらなきゃな」といったように、先に労力を想像してしまう

 

先のことを考えてしまうと体が動かなくなるので、淡々と機械的にやるのが大事なのかなと

 

スポンサーリンク

自分の時間を大事にする

keizoku-hour

他人の時間に合わせていたら継続は難しいです

 

急な誘いは断るか、時間を延ばしてもらう

僕も何度も体験していますが、例えばブログ執筆中に「今からあれやろう」「これからあれやるけど行かない?」などの急な誘い

 

これらにはどう対応すればいいのかというと、「断る」か「時間を延ばす」です

 

急な誘いということは、事前の約束もなにもないので、誘ってきた相手からしても断られるかもとダメ元で聞いてるということですよね

 

急な誘いは断ろう

予期していない誘いを断っても、自分はなにも悪くないです

むしろ悪いのは急に誘ってきた相手側で、それなら前日に誘うかすればいいんです

 

その誘いに乗ってしまって継続できることもできなくなってしまうなら尚更で、潔く断るのが継続のコツです

 

どうしても無理なら時間を延ばしてもらう

断りたいけど断れない相手だとか、自分もその誘いに魅力を感じるなら「時間を延ばしてもらう」ように話をしてみるのがいいです

 

例えばなにか急な誘いがあったときに

  • 〇〇時まで待って欲しい
  • 最悪何時までならいいか
  • その用事は時間的に無理かもしれないけど、別のことなら大丈夫かもしれないからそうしない?

 

僕の実体験での話ですが、上記のように相談を持ち掛けてみてみるのがいいです

 

それで僕はその方からの誘いを断らずに済みました

 

イレギュラーを把握するのも継続のコツ

iregular

イレギュラーとは予期せぬ事態ということです

 

今日はずっと1人だとか、なにも誘いがないのが確定しているときはいつも通り継続したいことをコツコツとやればOKです

 

翌日のイレギュラーを想定する

これは結構大事で、いつも決まった時間とか決まった曜日とかに急な予定が入ったりすることが多い日ってあるんじゃないでしょうか

 

何度もそういうことがある時、その前兆も前もって感じ取れると思い、例えば以下のようなことです

  • 誰かとの会話の中に、明日の予定などの話があった
  • 友達や家族の誰かが明日休みなのを知っている
  • そろそろ始まるイベントがある

 

上記のような些細なことから前兆を感じ取り、翌日に見事に予想があたって誘われたなんてことも珍しくないですよね

 

イレギュラーに備える

例えば僕が継続している「トイレ掃除」と「ブログ更新」で、「トイレ掃除」はイレギュラーがあっても短い時間で終わらせられるので大丈夫です

 

ですが「ブログ更新」は何時間もかけてやらないと終わらないので、イレギュラーな予定が入りそうだなと思ったら前倒しでブログを執筆します

 

これは継続する上で結構重要なことで、これが出来ないと急な予定が入った時に「急な断れない誘いがあったからしょうがない」と継続が断念されるのを防げます

 

連休がある日は要注意

連休がある時期は気を付けたほうが良くて、例えば以下の時期

  • お盆休み
  • GW
  • 夏休みや冬休み

 

連休というのは皆休みで予定が合わせやすいということもあって、とにかく予定が入りやすいですよね

 

それで急な誘いも増え、継続したいことが断念されたりすることも多くなりやすい

 

そういう時のためにどうするかというと、ストックしておくことです

 

僕の場合は、連休によって急な誘いが増えることで「ブログ更新」が危うくなるので、前もって記事をストックしておくようにします

 

連休分の記事をストックできればいいんですが、長い連休だとそうもいかなくてキツいので、最低でも2記事分はストックします

 

短い時間で終わることならいいですが、長時間かけてやることだったら、前もって取り掛かることが大事

 

スポンサーリンク

終わりに:気負わずにやるのが継続のコツ

僕が継続している「トイレ掃除」と「ブログ更新」は、始める前に「継続するぞ!」といったことは思わずに淡々と始めました

 

気負ってしまうとプレッシャーになりますし、もしできなかった時に落胆するのは目に見えてます

 

さらにNGだと思うのは、人に宣言することかなと

 

よく「人前で大きな声で宣言してしまえ」と言われてたり、本に書かれてたりしますが、余計にプレッシャーになりストレスがかかり、大半の人はそのストレスにやられてしまい継続できなかったりして、マイナスです

 

ちょっと試しにやってみようぐらいでいい

僕が完全にこれで、ダメ元ではないですが、「どれくらい続くかなー」というチャレンジ精神というか自分を試してる感じで始めます

 

上記に「人前で宣言するのはNG」と書きましたが、少し試してみて継続できたら宣言すればいいと思うんですよね

 

「今〇〇を継続してて、今日で〇〇日目なんだよね」といった感じ

 

そう言えるようになったころには、もう継続することが大して苦じゃなくなってると思うので、後出しでOKなのかなと

 

  • 自分の時間を大事にし、優先する
  • 気楽に淡々とやる
  • 予定を把握しておく
  • イレギュラーに対応できるようにしておく

 

上記が継続のポイントかなと思いまして、参考になれたら嬉しいです

以上【継続するコツ】の紹介でした

 

継続に関して、以下の記事も参考にしてみるといいかもしれません

continue-method
続ける方法を4つ紹介!飽きてしまう・挫折してしまう人はこれをしてない続けたいけど続かない。飽きてしまう・挫折してしまう。そんな人はあることが出来てないかもしれません。ここでは続ける方法を4つ紹介します。...
ABOUT ME
ていとく
日々の生活やコミュニケーションなどで支障がある難聴持ち。 難聴人生というものを試行錯誤しながら生きてます! Twitterにてブログ更新時に通知しますので、是非フォローお願いします(゚∀゚) お仕事の依頼もお気軽にどうぞ!
他の記事を読む

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です