ノウハウ

「孤独」な人ほど人生を楽しんでいる?

lonely

ていとく
ていとく
おはこんこばんちゃ、ていとく(@teitokukorekawa)です

突然ですがあなたは「孤独」をどう思ってますか?

1人でご飯やカラオケや映画館や旅行などに行く人を見て

あの人友達いないのかな?孤独になったらつらいからなりたくないな・・・

こんなことを思う方は結構いるんじゃないでしょうか

または

私って友達もいなくていつも1人でダメな人間だ・・・

なんて思ってませんか?

ちなみに僕は1人でいることがかなり多いですが、「孤独」と感じたことは全然ないです

というか、「孤独」に対してネガティブなイメージがないので、1人でいる人を見ても特に寂しい人だなぁなんて思いません

そこで今回は「孤独」っていいものだよ、楽しもう!というテーマでこちらの本を参考に記事を書きました

こんな人におすすめ

  • 「孤独」に対してネガティブなイメージをもっている
  • 現在「孤独」だなぁと感じている
  • 「孤独」のいいところを知りたい

「孤独」をたのしむとは自分らしく生きること

  • 自分はこう思っていると本音を言う
  • 自分で決めたことだと意志をつらぬく
  • 自分が得意なことを率先してやる

そのように自分らしく生きていたら、たまに周囲と摩擦がおきてトラブルになったりして離れていく人もいます

そうしてなくても全員が全員、あなたのことを好きになるということはあり得ないです

あなたのことが嫌いという人はどうしたって現れるし、避けられない

ならいっそのこと自分のやりたいようにやったほうがいいと思いませんか?

そこで自分の「個性」というものが出てくる

そしてその「個性」を魅力に感じる人がでてきて、あなたにとって本当に信頼しあえる仲間ができるものです

「孤独」が嫌な人や怖い人ほど「孤独」を感じやすい

周囲に合わせちゃって自分の本音がいえなかったり、嫌われないように立ち振る舞ったりする人は孤独をたのしめない人が多いと思います

それは自分をごまかしているということになり、「自分はこういう個性なんだ」というアインデンティティ(自我)が確立されない

自我が確立されてないとどういったことが起こるか?

  • 不安を感じやすくなる
  • 情緒が不安定になりがち

といったことにおちいりやすいです

なぜかというとそれは自我がないことから起こる感情で、精神が成熟していないからだそう

逆に自我が確立されてるということは、情緒も安定し、孤独は寂しいものではなく豊かな時間にさえ感じられるということ

「孤独」を避け続けると起こること

「孤独」を避けるということは結局本心では生きてないということになり、自分をつらぬくということをしないので、それによって自分は周りに受け入れられているという実感につながりません

なので自分を出さず周りに合わせようとすればするほど、みんなといても「孤独感」に襲われやすくなってしまいます

relax

たまにくる「孤独」になりたいと感じるのは健全な証拠

毎日仕事や人付き合い、育児などにおわれて休むまもなく疲れてしまったときに、ふと

一人になりたい・・・

と感じることはないですか?

もしそういうことがあればあなたの心はとても健全だそうです

なぜかというと「孤独」になることで「自己回復機能」というものが作用するから

「自己回復機能」とは?

自分に起こった色んなできごとや現在の状況などを、自分の中の考えとすりあわせて自分が納得できるようにするという、心身を統合させる作業のこと

ですがその機能が作用するのは「孤独」な時間のときです

忙しすぎて頭のなかがパニックになったり、体を壊してしまったりしてしまうのは1人の時間がとれなさすぎて、「自己回復機能」がうまく作用してないことからくると考えられる

だから人は忙しいと1人になりたがるのは自然なことなんです

子供にも「一人になる時間」は必要

「自己回復機能」が備わってるのは子供も同じです

学校や習い事の教室など普段からおおぜいの人と接している子供も、その帰り道で一人になったり、夜寝るときに一人になったりしてるときにちゃんと自分の中で考えて納得し、「自己回復機能」を作用させることで日々バランスをとっている

それが出来ないほど習い事などの予定をつめこみすぎると、「ストレス」になり心身がボロボロになってしまうというわけです

親御さんは気を付けていきたいところですね

relax

「孤独」は心の成熟のあらわれ

上でも書いたように、「孤独」が寂しいだとかつらいと思わない人は精神的に成熟しています

そうでない人は「孤独」を感じたくないがために人の輪にはいって自分の存在意義を確かめようとしたり、SNSに没頭したりしてしまう

精神的な成長は女性のほうがはやい

一般的に心の成熟スピードは男性よりも女性のほうが早いとされているそうです

高校生ぐらいになると、大人びた女性ほど群れるのを避けたがる傾向があるとのこと

なぜかというとグループの会話がいやに子供っぽくきこえたりして、集団行動を恥ずかしがるようになるから

一緒に遊んだりもすることもありますが、疲れてしまったり楽しくなかったりして一人の時間を好むようになってしまうということです

ていとく
ていとく
ちなみに僕も完全にそっちのタイプでした

そのためよく一人でいるような子は精神的に自律していることが多いそう

そして自律している人は「孤独」を感じず、逆にたのしめるわけです

relax

まとめ

今回の記事で「孤独」というものの見方が変わったんじゃないでしょうか?

「孤独」は悪いことじゃないし、むしろ自分というものを確立し精神的に成熟していて、自分の時間を生きてるというメリットがあることがわかりました

これを機に

孤独になっても別に大丈夫だ!自分の好きなように生きよう!

と思ってくれたら「孤独」というものに対する恐怖や不安を感じなくなるかと

まとめますと

  • 「孤独」とは自分らしく生きること
  • 「孤独」になる時間は必要
  • 「孤独」と感じない人は精神的に自律している

「孤独」は悪いものじゃなく、楽しむものだ!

relax

ブログランキング参加中です(/・ω・)/
クリックしてくださると記事を書くモチベーションが上がります♪
どしどし書けや~!って思う方はポチっとお願いします( ;∀;)

本・書籍ランキング

ビジネス書ランキング
にほんブログ村 本ブログ 本・読書の豆知識へ
にほんブログ村
※クリックすることでこのブログに収益が発生するわけではありません

ABOUT ME
ていとく
日々の生活やコミュニケーションなどで支障がある難聴持ち。 難聴人生というものを試行錯誤しながら生きてます! Twitterにてブログ更新時に通知しますので、是非フォローお願いします(゚∀゚) お仕事の依頼もお気軽にどうぞ!
他の記事を読む

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です