ノウハウ

お金は汗水たらして稼ぐのはダメ?「価値の対価」とは

money-value

ていとく
ていとく
おはこんこばんちゃ、ていとく(@teitokukorekawa)です

今回は「お金」についての話

今の時代むかしからよくいわれる、「お金は苦労して稼げ」「お金は汗水たらして稼げ」「お金は我慢の対価だ」という考え方の時代ではないです

なんとなくわかるけど、「お金」についてあまり深く考えたことないしピンとこないなぁ

という方が多いんじゃないでしょうか?

体感的にも今の若い人たちはなんとなくわかってるかなぁと感じますが、中年~年配の方たちはまだむかしの考えのまま、あまり変わってないようにも見えます

そりゃそうですよね、むかしは「お金は汗水たらして稼ぐ」ことが美徳のように思われてたわけですから

しかし時代は移ろいます

「汗水たらしてお金を稼ぐ」という考えの方たちが今の考えをとりいれたら、その気力と根性でもっと稼げちゃうんじゃないでしょうか?

今回は「お金」の考え方についてこちら、芸人としても知られているキングコングの西野亮廣さんの本を参考に紹介していきます

こんな人に読んで欲しい

  • 仕事量と給料に不満がある
  • お金の価値とはなにか知りたい
  • 収入をあげたい

お金は「労働の対価」ではなく「価値の対価」

お金を「労働の対価」や「時間をかけた分稼げる」といった考えのままではずっと稼げないのはなんとなくわかったかと思います

ではどう考えるのがいいのか?

それはお金は「他者に提供した価値の対価」という考え方

これだけではちょっと曖昧な表現なので、わかりやすく具体的にはどういうことか例をあげてみます

たとえば仕事が終わって帰宅中、予想だにしない大雨がふってきたとします

駅の出入り口で2人たちどまっている

2人とも濡らしたくないスーツや、大事な荷物をもっている状況

1人はいつも常備していたカッパや折り畳み傘をもっている

もう1人はなにも持っていない

この2人に「傘」を売ろうとしたとき、どうなるか?

カッパや折り畳み傘をもっていた人は10円でも買ってくれないけど、持ってない人からしたら1000円でも買ってくれると思いませんか?

これが「他者に提供した価値の対価」というものです

仕事量に給料が見合わないと感じたら

こんだけ時間もさいて働いて、体もあちこち痛いし精神的にもつらいのに給料があがらないのはおかしい!

そういう方、少なくないと思います

お金というのは「提供した労働」ではなく「提供した価値」によって増えたり減ったりする

職場に不満をおぼえたときはまず職場の環境を疑うと同時に、自分が会社や仕事仲間に対して「価値を提供」できているか考えてみましょう

上の話のように、いつもカッパや傘を持ち歩いてる人に対して「傘」を売ろうとしているのかもしれないですからね

人手がたりないとか、どうしたらもっと効率よくなるかとか、部下の情報を知りたいだとかで困ってる上司に

  • 人手が足りないなら自分が手伝うと言ってみる
  • こうしたらどうでしょうと助言してみる
  • 同僚の得意不得意なことを教えてあげる

など、上司が価値があると感じることを提供してみるとうまく利用できて出世も早まるかもしれません

上司を利用するという点でいうと他にもいろいろやり方はありますが、それについてはこちらの記事を読んでみてください

boss
上司を利用して楽に働くには上司に気に入られたい・文句を言われずに仕事したい・自分の居場所をつくって楽に働きたい。そんな人の為に使える、上司を利用できちゃう心理学を紹介します。...
relax

他人に「価値を提供」してお金をもらえる

お金は「他者に提供した価値の対価」という考え方はなんとなくわかったかと思います

ではもっと簡単に説明するとしたら、こういうことじゃないでしょうか?

たとえばの話、この世に僕とあなたしかいないとします

僕は「1万円」をもっていて、あなたは無一文

現段階ではこの世の富は「1万円」です

そこで、「1万円」が欲しくなったあなたは「1万円の価値がある靴」を作りました

あなた
あなた
1万円欲しいなぁ、そうだ!1万円の価値がある靴を作ってあげよう!

僕が「1万円」でその靴を買う

ていとく
ていとく
あ、その靴かっこいい!1万円で買うよ!

そうするとあなたの手元には「1万円」があり、僕の手元には「1万円の価値がある靴」がありますね

こうしてあなたが「1万円」を稼いでくれたおかげでこの世の富が「2万円」になり、この世は豊かになった

ていとく
ていとく
靴をつくってくれてありがとう!

あなた
あなた
私の作った靴を買ってくれてありがとう!

どうでしょう?こうするとだいぶわかりやすくなったんじゃないでしょうか?

日本人はお金に対する教育がほぼ皆無なので、「お金を稼ぐ=悪」みたいな風潮がありますよね

でもこの話を聞いてどう思いましたか?お金を稼ぐことは悪いことですか?他人が幸せになり、なおかつその対価として自分も稼げた

「他者に提供した価値の対価」として稼ぐんであれば、どんどん価値を提供してきましょう

それで自分も他人も幸せになれるんですもん

relax

まとめ

いかがでしたでしょうか?今まであやふやな感じで考えていた「お金の価値」が理解できたんじゃないでしょうか?

  1. お金は「他者に提供した価値」という考えかた
  2. 会社や仕事仲間に「価値を提供」出来ているか見直してみよう
  3. 「価値を提供」できれば自分も他人も幸せになれる

むかしは「年次昇給」のような、会社に在籍してれば収入があがっていく仕組みだったので「汗水たらして稼げ」や「苦労して我慢して稼げ」と言われてたのもわかります

今もそのような会社は少数ですがあるとは思いますが、そのような仕組みは廃れていっているのは確かで、会社にいるメリットのようなものが薄れてるような気がするのは否めないところ

「労働の対価」ではなく「価値の対価」の時代

汗水たらして働くのも美しいしダメではないと思いますが、いかんせん「お金」を稼げないんじゃ美しいものも枯れてしまうように感じる

時代にあった働き方を目指していきたいところですね

relax

ブログランキング参加中です(/・ω・)/
クリックしてくださると記事を書くモチベーションが上がります♪
どしどし書けや~!って思う方はポチっとお願いします( ;∀;)

本・書籍ランキング

ビジネス書ランキング
にほんブログ村 本ブログ 本・読書の豆知識へ
にほんブログ村
※クリックすることでこのブログに収益が発生するわけではありません

 

ABOUT ME
ていとく
日々の生活やコミュニケーションなどで支障がある難聴持ち。 難聴人生というものを試行錯誤しながら生きてます! Twitterにてブログ更新時に通知しますので、是非フォローお願いします(゚∀゚) お仕事の依頼もお気軽にどうぞ!
他の記事を読む

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です