ノウハウ

人を育成して成長させたいなら全部教えるな

growth
ていとく
ていとく
おはこんこばんちゃ、ていとく(@teitokukorekawa)です

部下をもった・後輩ができた・子供が生まれた

彼ら下の者に対してあなたはどんな育成をしてますか?

今回は育成について、こちらの本を参考に紹介していきます

著者である丹羽宇一郎(にわういちろう)さんは、あの有名な伊藤忠商事の名誉理事となってる方であり、かつて部下をもったときの育成法を書かれていたので、そちらを参考にしました

こんな人におススメ

  • 部下をどう育成すればいいか悩んでいる
  • 後輩ができて育成をたのまれている
  • 子供をどう育てればいいかまよっている

成長させたいなら未熟なうちにまかせる

未熟なうちにまかせるとはどういうことか?

普通なら完璧に教えてミスがないように教え込んだところでまかせる、そうなるまでまかせたくないということを咄嗟に考えると思います

「完成してから任せず、未熟なうちに任せなさい」

これは西岡常一という方がおっしゃっていた言葉です

西岡常一とは?

数々の功績をなしてきた法隆寺専属の宮大工棟梁

飛鳥時代から受け継がれてきた寺院建築の技術を後世につたえるなど、「最後の宮大工」と称された

出典:西岡常一Wikipedia

意味は言葉そのままで、一人前になってなにをやらせてもミスがなく完璧にこなせるようになってからまかせてはいけないと言っていたそうです

未熟なうちにまかせるとなぜ成長するのか?

ではなぜ未熟なうちにまかせるのがいいのか?

半人前にまかせたらミスするし危なっかしくてまかせらんないよ!

ミスしたり上手くいかなくて考え込んでしまったり、紆余曲折あってようやく完成

その過程で人は成長するということです

人は過程で成長する

能力的にはまだ半人前の状態で仕事をたのむと、手取り足取りぜんぶ教えてもらっていないので自分で一生懸命努力をして完成を目指します

これをしたら上手くいかない・これは危ない・こうするよりああしたほうが効率がいい

努力をした結果うまくいく方法をみずから生み出していく

失敗をどんどんして成長するということですね

失敗はいいものだ、たくさんしよう!という記事もあるのでこちらを参考にどうぞ

https://www.teitoku-rockyou.net/2019/05/29/mini-knowhow/mini-knowhow2/

人を成長させるための3つの基本原則

著者である丹羽宇一郎さんは、部下を成長させるための3つの基本原則をもっていました

  1. 認めて
  2. 任せて
  3. ほめる

ある程度見込んだ部下にたいして100%まかせる

そして余計なことは一切いわず、成長を見守っていたそうです

お子さんでも同じこと

お子さんがいる方にも同じ原則を使って成長させることができると思います

お子さんがなにかにチャレンジする際に、危険だからダメ!や失敗しないように手取り足取り教える前にまずは

  1. 「やりたいの?いいよ」
  2. 「がんばってやってごらん!」
  3. 「上手にできたね~、すごいじゃん!」

というふうに3つの基本原則をもって接してあげることでひとまわり大きくなるでしょう

もちろん、怪我をしないように見守ったり補助したりしてもいいです

そのための大人ですからね

ていとく
ていとく
間違っても、チャレンジをやめさせるような大人にはならないようにして欲しい!

最後にまとめ

まとめ

未熟なうちにまかせる

人は自分で努力した過程で成長する

3つの基本原則(認める・任せる・ほめる)

以上、参考になればさいわいです!

ブログランキング参加中です(/・ω・)/
クリックしてくださると記事を書くモチベーションが上がります♪
どしどし書けや~!って思う方はポチっとお願いします( ;∀;)

本・書籍ランキング

ビジネス書ランキング
にほんブログ村 本ブログ 本・読書の豆知識へ
にほんブログ村
※クリックすることでこのブログに収益が発生するわけではありません

ABOUT ME
ていとく
日々の生活やコミュニケーションなどで支障がある難聴持ち。 難聴人生というものを試行錯誤しながら生きてます! Twitterにてブログ更新時に通知しますので、是非フォローお願いします(゚∀゚) お仕事の依頼もお気軽にどうぞ!
他の記事を読む

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です