ノウハウ

【話の聞き方で印象が変わる】14のコツを伝授

hear
ていとく
ていとく
おはこんこばんちゃ、ていとく(@teitokukorekawa)です

部下が自分に話をしてくれない

あまり話しかけられない

相談なんてされたことない

自分に魅力がないんかなー?

もしかして嫌われてる?

そう思ったことないですか?

それはあなたの聞き方に問題があるのかもしれません

そこで今回は

こちらの本を参考に解決法をいくつか紹介していくよー!

こんな人は読むべし
  • 部下や後輩をまとめる立場
  • 人の話を聞いてないと言われる
  • あまり話しかけられない

聞き方を意識して聞き上手になる8つのコツ

これから紹介する8つのコツを意識して聞けば

聞き上手になること間違いなしです

姿勢

偉そうな感じではなく、相手より少し低姿勢を心がける

胸を張ったりすると威圧感があるんで、なるべく控えます

ことば遣い

相手よりもやや丁寧な感じで話す

乱暴な言葉を話すのではなく、落ち着いた感じで紳士淑女のように

距離

相手にも距離感の許容範囲というのがあります

肉親やパートナー以外の人に対しては1.2mほどがベスト

近すぎると動揺しますもんね

表情

相手が楽しそうに話していたら楽しそうに聞き、

笑っていたらこっちも笑うようにします

かといって話を聞きもせずに笑ってればいいという訳ではありません

視線

よく言われるのが、相手の目をみて話せとか、

眉間をみて話せとか言われますが、

あまり凝視すると威嚇されてると思われちゃうんで

口元あたりを見て聞くのがいいです

あいづち

おおげさに打つと、本当にわかってんのかな?と思われるんで、

軽く「へぇ~」「なるほど」「それでどうなったんですか?」

などあいづち打つとOK

質問

相手の話の内容を深く掘り下げるように質問します

例えばイチゴの話をしてたら、

「そのイチゴの商品名なんですか?」とか

「いつ買ったんですか?」など質問します

確認

話した内容が、相手とギャップが生まれないようにします

約束した日や、伝達するさいに確認することを心がける

繰り返し

単純に言われたことを繰り返す

例として会話文をだしてみます

部長
部長
〇〇日までに終わらしといて欲しい
部下
部下
〇〇日までにやればいいんですね?

明確化

相手の話の裏にある感情や情報などを推測して確認する

部下
部下
今日の仕事やりずらいですね
部長
部長
どうした?苦手な人でもいるの?

まとめてみます

  1. 姿勢(低姿勢を心がける)
  2. ことば遣い(相手より丁寧に話す)
  3. 距離(1.2m離れて)
  4. 表情(相手の表情に合わせる)
  5. 視線(口元をみる)
  6. あいづち(軽く、会話が続くように)
  7. 質問(話を掘り下げる感じ)
  8. 確認(繰り返し、明確化)

これはとくに会社で上司に利用すれば仕事がうまくいって出世にもつながるスキルだとおもうので、バンバン使っていった方がいいとおもいます

上司を利用する他の方法も書いた記事があるのでこちらからどうぞ

https://www.teitoku-rockyou.net/2018/09/15/know-how/boss/
スポンサーリンク


意識した聞き方が上手な人の特徴6つ

聞き方が上手な人は確かにいますよね

こちらが気持ちよく話せるような人

落ち着いた雰囲気で知的な空気をかもしだし、頼りがいがあります

そんな聞き上手な人はなにを意識して聞いてるんでしょうか?

意識して体全体で聞いている

体全体で聞くとはどういうことか?

それは、リアクションが多彩ということです

話をして、少しでもリアクションがあると嬉しいですよね

それを体全体で表してるもんだから、話すほうも楽しくなるしまた話したくなります

これが出来ると、

「この人と話すと楽しい」

と思ってもらえるようになります

意識して体全体でリアクションを取ろう!

話をさえぎらず、最後まで意識して聞いてくれる

こっちが話をしているのに、さえぎられて話し出す人いますよね

せっかちで落ち着いて話が出来ない印象をうけるもんで、

こっちが話したことは覚えてなかったりします

対して最後までゆっくり聞いてくれる人って、

安心できるし、ちゃんと内容も覚えてくれてます

こういう人は、信用できる人だと思ってもらいやすいです

話をさえぎらずしっかり聞こう!

話が広がるような質問の仕方がうまい

上記のあいづちが上手というのと似てます

質問やあいづちというのは、質問の引き出しが多かったり、ボキャブラリーが豊富な人がうまい印象なもんで、

知的にみえますよね

そしてそういう人ほど誰とでも仲良くできたりするもんです

引き出しやボキャブラリーが多いのは、普段から聞き役に徹しているたまものですんで、

意識して聞くということがどれほど大事なのかということがわかります

自分の意見を言う前に、質問して話を広げよう!

話している時間より聞いてる時間のほうが長い

聞く時間のほうが長いということは、相手に耳を傾けて待ってる時間が長いということなもんで、

相手が口下手で話すのが遅くても関係ありません

営業マンなんかは一見、話し上手だからお客さんがくるイメージですけど、

相手がなにに困ってるのかというのを聞くのが上手である必要もあります

せっかちな人は口下手な人にイライラして話を聞かないでしょうけど、

意識して聞いてる人は親密になり、どんどん輪が広がっていきます

相手に話をさせて聞きまくろう!

ポジティブな話にもっていく

ネガティブな話をする人のまわりには中々人が寄ってきません

その空気が自分に移ってしまうもんで、近づきたくなくなります

なのでもしネガティブな話になったら、ポジティブな話にもっていきましょう

前向きな感じで話していると、あの人といると明るくなるといった具合で人が寄ってきます

そして前向きな人ばかり集まってきて、良好な関係を築けます

意識してポジティブ発言を心がけよう!

勇気づけるのが上手

ミスして落ち込んでたり、大事な仕事のプレゼンがあって、

プレッシャーを感じてたりする人を勇気づけたり励ましたりするのが上手です

聞き上手な人は相手を見下したり批判したりしないもんで、

だからこそまわりから応援されやすくなります

勇気づけや励ましは、カウセリング界でも使うテクニックなもんで、

聞き上手じゃないと務まらないということがわかります

勇気づけや励ましをしよう!

まとめてみます

  1. 意識して体全体で聞いている(リアクションが多彩)
  2. 話をさえぎらず、最後まで意識して聞いている(落ち着いて最後まで聞く)
  3. 話が広がるような質問の仕方がうまい(引きだしが多い)
  4. 話す時間より聞く時間のほうが長い(意識して聞く時間を長くする)
  5. ポジティブな話にもっていく(ネガティブをポジティブに変える)
  6. 勇気づけるのが上手(勇気づけたり励ましたりする)

relax
スポンサーリンク


聞き方を意識するということのまとめ

14のコツを紹介しましたが、どれもやろうと思えばすぐに出来ると思います

話し上手になるのは少しテクニックや時間がかかるかもしれないですけど、

聞き上手になるのは、とにかくまずは聞けばいいわけなもんで、

わりと簡単にうまくいくだろうし、実践できます

本書の他の内容
  • 相手の人柄に興味を持って聞く
  • 頭からきめつけずに聞く
  • あいづち・うなずきで相手を主人公にする
  • 声のトーンに抑揚をつける

など、これまで紹介したコツをさらに深掘りした情報が書いてあります

話し上手もいいですが、まずは簡単な聞き上手のほうをマスターしてみてはどうでしょうか

周りに人が寄ってきて、今までとは違う景色になり、性格まで明るくなってもおかしくないです
relax
ブログランキング参加中です(/・ω・)/
クリックしてくださると記事を書くモチベーションが上がります♪
どしどし書けや~!って思う方はポチっとお願いします( ;∀;)

本・書籍ランキング

ビジネス書ランキング
にほんブログ村 本ブログ 本・読書の豆知識へ
にほんブログ村
※クリックすることでこのブログに収益が発生するわけではありません

ABOUT ME
ていとく
日々の生活やコミュニケーションなどで支障がある難聴持ち。 難聴人生というものを試行錯誤しながら生きてます! Twitterにてブログ更新時に通知しますので、是非フォローお願いします(゚∀゚)
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です